「し」からはじまる故事・ことわざ一覧|故事・ことわざ辞典

故事・ことわざ329件を収録しています。

「し」からはじまる故事・ことわざに関連した故事・ことわざ

故事・ことわざ 読み方
弱冠じゃっかん
蛇の道は蛇じゃのみちはへび
蛇は寸にして人を呑むじゃはすんにしてひとをのむ
醜夷に在りて争わずしゅういにありてあらそわず
衆寡敵せずしゅうかてきせず
習慣は自然の如ししゅうかんはしぜんのごとし
習慣は第二の天性なりしゅうかんはだいにのてんせいなり
衆曲は直を容れずしゅうきょくはちょくをいれず
衆口金を鑠すしゅうこうきんをとかす
衆口は禍福の門しゅうこうはかふくのもん
秋毫しゅうごう
宗旨の争い釈迦の恥しゅうしのあらそいしゃかのはじ
袖手傍観しゅうしゅぼうかん
終身斉家治国平天下しゅうしんせいかちこくへいてんか
終身道を譲るも百歩を枉げずしゅうしんみちをゆずるもひゃっぽをまげず
秋霜烈日しゅうそうれつじつ
舟中も敵国しゅうちゅうもてきこく
姑なければ村姑しゅうとめなければむらじゅうと
姑の仇を嫁が討つしゅうとめのあだをよめがうつ
姑の十七見た者がないしゅうとめのじゅうしちみたものがない
秋波しゅうは
驟は日を終えずしゅうはひをおえず
愁眉を開くしゅうびをひらく
珠玉の瓦礫に在るが如ししゅぎょくのがれきにあるがごとし
菽水の歓びしゅくすいのよろこび
菽麦を弁ぜずしゅくばくをべんぜず
祝融の災いしゅくゆうのわざわい
主従は三世しゅじゅうはさんせ
守銭虜しゅせんりょ
手足を措く所なししゅそくをおくところなし
首鼠両端しゅそりょうたん
酒池肉林しゅちにくりん
出家の念仏嫌いしゅっけのねんぶつぎらい
朱に交われば赤くなるしゅにまじわればあかくなる
春宵一刻値千金しゅんしょういっこくあたいせんきん
春秋に富むしゅんじゅうにとむ
春秋の筆法しゅんじゅうのひっぽう
駿足長阪を思うしゅんそくちょうはんをおもう
春氷を渉るしゅんひょうをわたる
春風の中に坐するが如ししゅんぷうのなかにざするがごとし
春眠暁を覚えずしゅんみんあかつきをおぼえず
駿馬痴漢を乗せて走るしゅんめちかんをのせてはしる
春蘭秋菊ともに廃すべからずしゅんらんしゅうきくともにはいすべからず
雌雄を決すしゆうをけっす
十人十色じゅうにんといろ
十人寄れば十国の者じゅうにんよればとくにのもの
十年一剣を磨くじゅうねんいっけんをみがく
十年一昔じゅうねんひとむかし
重箱の隅を杓子で払えじゅうばこのすみをしゃくしではらえ
重箱の隅を楊枝でほじくるじゅうばこのすみをようじでほじくる

人気故事・ことわざ辞典



エムズライファー