1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「ぬ」からはじまる故事・ことわざ

「盗人にも三分の理」の意味や読み方

盗人にも三分の理

読み方
ぬすびとにもさんぶのり
意味
盗人にも、盗みを正当化する少しの理屈はあるものである。どんなことでも理屈は何とか付けられる、という意味。
その他
【参考】「泥棒にも三分の理」ともいう。





使用されている漢字

メールを送る




エムズライファー