「ろ」からはじまる故事・ことわざ一覧|故事・ことわざ辞典

故事・ことわざ41件を収録しています。

「ろ」からはじまる故事・ことわざに関連した故事・ことわざ

故事・ことわざ 読み方
弄瓦の喜びろうがのよろこび
老驥千里を思うろうきせんりをおもう
老骨に鞭打つろうこつにむちうつ
労して功なしろうしてこうなし
狼子野心ろうしやしん
老醜を晒すろうしゅうをさらす
弄璋の喜びろうしょうのよろこび
老少不定ろうしょうふじょう
狼藉ろうぜき
蝋燭は身を減らして人を照らすろうそくはみをへらしてひとをてらす
壟断ろうだん
老婆心ろうばしん
老馬の智ろうばのち
牢番の盗み酒ろうばんのぬすみさけ
隴を得て蜀を望むろうをえてしょくをのぞむ
労を多とするろうをたとする
労をとるろうをとる
ローマは一日にしてならずろーまはいちにちにしてならず
艪櫂の立たぬ海はないろかいのたたぬうみはない
魯魚の誤りろぎょのあやまり
六月無礼ろくがつぶれい
陸地に舟漕ぐろくじにふねこぐ
六十の手習いろくじゅうのてならい
禄を盗むろくをぬすむ
禄を食むろくをはむ
艪三年に棹八年ろさんねんにさおはちねん
路線を敷くろせんをしく
六根清浄一根不浄ろっこんしょうじょういちこんふじょう
路頭に迷うろとうにまよう
驢に騎りて驢をもとむろにのりてろをもとむ
路傍の人ろぼうのひと
露命を繋ぐろめいをつなぐ
艪も櫂も立たぬろもかいもたたぬ
魯陽日をさしまねくろようひをさしまねく
呂律が回らないろれつがまわらない
艪を押して柘は持たれぬろをおしてつげはもたれぬ
論語読みの論語知らずろんごよみのろんごしらず
論陣を張るろんじんをはる
論に負けても実に勝つろんにまけてもじつにかつ
論より証拠ろんよりしょうこ
論を俟たないろんをまたない

人気故事・ことわざ辞典



エムズライファー