友一覧|故事・ことわざ辞典

故事・ことわざ57件を収録しています。

友に関連した故事・ことわざ

故事・ことわざ 読み方
渡りに船わたりにふね
落月屋梁の想いらくげつおくりょうのおもい
類は友を呼ぶるいはともをよぶ
類を以て集まるるいをもってあつまる
藪の中のうばらやぶのなかのうばら
勇を鼓してゆうをこして
夢が覚めるゆめがさめる
蓬麻中に生ずれば扶けずして直しよもぎまちゅうにしょうずればたすけずしてなおし
水は方円の器に随うみずはほうえんのうつわものにしたがう
見ぬ世の人を友とすみぬよのひとをともとす
面友めんゆう
忘形の交わりぼうけいのまじわり
忘年の友ぼうねんのとも
忘年の交わりぼうねんのまじわり
朋友は六親にかなうほうゆうはろくしんにかなう
刎頸の交わりふんけいのまじわり
文を以て友を会すぶんをもってともをかいす
光あるものは光ある物を友とすひかりあるものはひかりあるものをともとす
人は落目が大事ひとはおちめがだいじ
人は善悪の友によるひとはぜんあくのともによる
貧家には故人疎しひんげにはこじんうとし
貧賤の交わり忘るべからずひんせんのまじわりわするべからず
莫逆の友ばくぎゃくのとも
盤根錯節ばんこんさくせつ
似るを友にるをとも
泣いて馬謖を斬るないてばしょくをきる
中のよいで喧嘩するなかのよいでけんかする
朋有り遠方自り来るともありえんぽうよりきたる
手を翻せば雲となり手を覆せば雨となるてをひるがえせばくもとなりてをくつがえせばあめとなる
知音ちいん
知己ちき
竹馬の友ちくばのとも
断金の交わりだんきんのまじわり
その子を知らざればその友を視よそのこをしらざればそのともをみよ
清風に故人来るせいふうにこじんきたる
切磋琢磨せっさたくま
善を責むるは朋友の道なりぜんをせむるはほうゆうのみちなり
水魚の交わりすいぎょのまじわり
爾汝の交わりじじょのまじわり
朱に交われば赤くなるしゅにまじわればあかくなる
傾蓋旧の如しけいがいきゅうのごとし
君子の交わりは淡きこと水の如しくんしのまじわりはあわきことみずのごとし
昨日の友は今日の敵きのうのともはきょうのてき
金石の交わりきんせきのまじわり
金蘭の契りきんらんのちぎり
己に如かざる者を友とする勿れおのれにしかざるものをともとするなかれ
益者三友えきしゃさんゆう
一見旧の如しいっけんきゅうのごとし
衣は新に如くは莫く人は故に如く莫しいはしんにしくはなくひとはこにしくはなし
賢い人には友がないかしこいひとにはともがない

人気故事・ことわざ辞典


Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/1/lolipop.jp-38751aa8648379bc/web/mslifer/kotowaza/rank.php on line 22


エムズライファー