「や」からはじまる故事・ことわざ一覧|故事・ことわざ辞典

故事・ことわざ114件を収録しています。

「や」からはじまる故事・ことわざに関連した故事・ことわざ

故事・ことわざ 読み方
厄介払いやっかいばらい
躍起になってやっきになって
八つ子も癇癪やつごもかんしゃく
夜盗の提灯とぼしやとうのちょうちんとぼし
柳に風折なしやなぎにかざおれなし
柳に風やなぎにかぜ
柳は緑花は紅やなぎはみどりはなはくれない
野に遺賢なしやにいけんなし
野に下るやにくだる
矢の催促やのさいそく
やはり野に置け蓮華草やはりのにおけれんげそう
藪医者の玄関やぶいしゃのげんかん
藪医者の手柄話やぶいしゃのてがらばなし
藪医者の病人選びやぶいしゃのびょうにんえらび
藪医者の薬箪笥やぶいしゃのやくだんす
藪から棒やぶからぼう
藪に目くばせやぶにめくばせ
藪にも剛のものやぶにもごうのもの
藪の中のうばらやぶのなかのうばら
破れかぶれやぶれかぶれ
破れても小袖やぶれてもこそで
藪をつついて蛇を出すやぶをつついてへびをだす
病膏肓に入るやまいこうこうにはいる
病上手の死に下手やまいじょうずのしにべた
病治りて医者忘るやまいなおりていしゃわする
病なくしてみずから灸すやまいなくしてみずからきゅうす
病に主なしやまいにぬしなし
病は気からやまいはきから
病は口より入り禍は口より出づやまいはくちよりいりわざわいはくちよりいづ
病は少しく癒ゆるに加わるやまいはすこしくいゆるにくわわる
病を知れば癒ゆるに近しやまいをしればいゆるにちかし
病を護りて医を忌むやまいをまもりていをいむ
山が当たるやまがあたる
山家に木なしやまがにきなし
山が見えるやまがみえる
山師の玄関やましのげんかん
山師は山ではて川師は川ではてるやましはやまではてかわしはかわではてる
山高きが故に貴からず樹有るを以て貴しとなすやまたかきがゆえにたっとからずきあるをもってたっとしとなす
山に躓かずして垤に躓くやまにつまずかずしててつにつまずく
山に蛤を求むやまにはまぐりをもとむ
山の芋鰻とならずやまのいもうなぎとならず
山場を迎えるやまばをむかえる
山山だやまやまだ
山より大きな猪は出ぬやまよりおおきないのししはでぬ
山を当てるやまをあてる
山をかけるやまをかける
闇討ちを食うやみうちをくう
闇から牛を牽き出すやみからうしをひきだす
闇に錦の上着やみににしきのうわぎ
闇に葬るやみにほうむる

人気故事・ことわざ辞典



エムズライファー