寄一覧|故事・ことわざ辞典

故事・ことわざ61件を収録しています。

寄に関連した故事・ことわざ

故事・ことわざ 読み方
類は友を呼ぶるいはともをよぶ
塁を摩するいをます
寄ってたかってよってたかって
輿望を担うよぼうをになう
寄らば大樹の蔭よらばたいじゅのかげ
寄ると触るとよるとさわると
寄る年波には勝てぬよるとしなみにはかてぬ
水清ければ魚棲まずみずきよければうおすまず
目の寄る所へは玉も寄るめのよるところへはたまもよる
不偏不党ふへんふとう
冬来たりなば春遠からじふゆきたりなばはるとおからじ
光あるものは光ある物を友とすひかりあるものはひかりあるものをともとす
人の情は世にある時ひとのじょうはよにあるとき
百川海に朝すひゃくせんうみにちょうす
貧者の一灯ひんじゃのいっとう
腹が後へ寄って来るはらがうしろへよってくる
同気相求むどうきあいもとむ
燈心で須弥山を引き寄せるとうしんでしゅみせんをひきよせる
桃李言わざれども下自ら蹊を成すとうりものいわざれどもしたおのずからけいをなす
徳孤ならずとくこならず
年は寄れども心は寄らぬとしはよれどもこころはよらぬ
年寄りと紙袋は入れにゃ立てられぬとしよりとかみぶくろはいれにゃたてられぬ
年寄りと釘頭は引込むがよしとしよりとくぎがしらはひっこむがよし
年寄りの言う事と牛の尻繋は外れないとしよりのいうこととうしのしりがいははずれない
年寄りの子は影なしとしよりのこはかげなし
年寄りの達者は春の雪としよりのたっしゃははるのゆき
年寄りの力自慢としよりのちからじまん
年寄の冷や水としよりのひやみず
年寄りは家の宝としよりはいえのたから
年寄りは二度目の子供としよりはにどめのこども
大樹の下に美草なしたいじゅのもとにびそうなし
立ち寄らば大樹の陰たちよらばおおきのかげ
他人は食い寄りたにんはくいより
生は寄なり死は帰なりせいはきなりしはきなり
獅子身中の虫しししんちゅうのむし
日月曲がれる穴を照らさずじつげつまがれるあなをてらさず
十人寄れば十国の者じゅうにんよればとくにのもの
親は泣き寄り他人は食い寄りしんはなきよりたにんはくいより
三人寄れば公界さんにんよればくかい
三人寄れば文殊の知恵さんにんよればもんじゅのちえ
五十歩百歩ごじゅっぽひゃっぽ
形影相弔うけいえいあいとむらう
敬遠けいえん
傾蓋旧の如しけいがいきゅうのごとし
闕所の門へ馬つなぐけつしょのもんへうまつなぐ
賢人は危きを求めずけんじんはあやうきをもとめず
櫛の歯を引くようくしのはをひくよう
窪い所に水溜まるくぼいところにみずたまる
君子危うきに近寄らずくんしあやうきにちかよらず
臆病の神おろしおくびょうのかみおろし

人気故事・ことわざ辞典


Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/1/lolipop.jp-38751aa8648379bc/web/mslifer/kotowaza/rank.php on line 22


エムズライファー