年一覧|故事・ことわざ辞典

故事・ことわざ197件を収録しています。

年に関連した故事・ことわざ

故事・ことわざ 読み方
脇目も振らずわきめもふらず
禍も三年たてば用に立つわざわいもさんねんたてばようにたつ
草鞋を脱ぐわらじをぬぐ
悪い虫がつくわるいむしがつく
来年のことをいえば鬼が笑うらいねんのことをいえばおにがわらう
洛陽の紙価を貴むらくようのしかをたかむ
欄柯らんか
乱世の英雄らんせいのえいゆう
列に入るれつにはいる
老驥千里を思うろうきせんりをおもう
老骨に鞭打つろうこつにむちうつ
老醜を晒すろうしゅうをさらす
老少不定ろうしょうふじょう
ローマは一日にしてならずろーまはいちにちにしてならず
六十の手習いろくじゅうのてならい
艪三年に棹八年ろさんねんにさおはちねん
矢面に立つやおもてにたつ
焼きが回るやきがまわる
焼きを入れるやきをいれる
役者に年なしやくしゃにとしなし
安く見られるやすくみられる
痩せても枯れてもやせてもかれても
幽明境を異にするゆうめいさかいをことにする
悠々自適ゆうゆうじてき
雪は豊年の瑞ゆきはほうねんのしるし
世に出るよにでる
世も末よもすえ
寄る年波には勝てぬよるとしなみにはかてぬ
松かさよりも年かさまつかさよりもとしかさ
未曾有みぞう
昔千里も今一里むかしせんりもいまいちり
昔の事を言えば鬼が笑うむかしのことをいえばおにがわらう
昔の剣今の菜刀むかしのつるぎいまのながたな
目の正月めのしょうがつ
面目を一新するめんもくをいっしんする
盲亀の浮木もうきのふぼく
桃栗三年柿八年ももくりさんねんかきはちねん
忘形の交わりぼうけいのまじわり
棒に振るぼうにふる
豊年は飢饉の基ほうねんはききんのもと
忘年の友ぼうねんのとも
忘年の交わりぼうねんのまじわり
兵を挙げるへいをあげる
篦増しは果報持ちへらましはかほうもち
富人来年を思い貧人眼前を思うふうじんらいねんをおもいひんじんがんぜんをおもう
笛吹けども踊らずふえふけどもおどらず
日陰の豆も時が来ればはぜるひかげのまめもときがくればはぜる
日暮れて途透しひくれてみちとおし
美人に年なしびじんにとしなし
日西山に薄るひせいざんにせまる

人気故事・ことわざ辞典


Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/1/lolipop.jp-38751aa8648379bc/web/mslifer/kotowaza/rank.php on line 22


エムズライファー