手一覧|故事・ことわざ辞典

故事・ことわざ455件を収録しています。

手に関連した故事・ことわざ

故事・ことわざ 読み方
脇が甘いわきがあまい
わさびを利かせるわさびをきかせる
渡りをつけるわたりをつける
罠に掛けるわなにかける
罠にはまるわなにはまる
罠を掛けるわなをかける
詫びを入れるわびをいれる
草鞋を穿くわらじをはく
藁にも縋るわらにもすがる
悪い虫がつくわるいむしがつく
悪いようにはしないわるいようにはしない
落花流水の情らっかりゅうすいのじょう
悧巧貧乏、馬鹿の世持ちりこうびんぼう、ばかのよもち
利は元にありりはもとにあり
竜を画いて睛を点ずりゅうをえがいてひとみをてんず
両手に花りょうてにはな
諒とするりょうとする
両方をきいてさばけりょうほうをきいてさばけ
塁を摩するいをます
冷水を浴びせるれいすいをあびせる
礼はかえって無礼の沙汰れいはかえってぶれいのさた
礼も過ぎれば無礼になるれいもすぎればぶれいになる
弄瓦の喜びろうがのよろこび
隴を得て蜀を望むろうをえてしょくをのぞむ
労を多とするろうをたとする
六十の手習いろくじゅうのてならい
論陣を張るろんじんをはる
焼餅焼くとて手を焼くなやきもちやくとててをやくな
役者が一枚上やくしゃがいちまいうえ
薬石効無くやくせきこうなく
疫病神で讐をとるやくびょうがみであだをとる
薬籠中の物やくろうちゅうのもの
安く見られるやすくみられる
夜盗の提灯とぼしやとうのちょうちんとぼし
柳に風やなぎにかぜ
やはり野に置け蓮華草やはりのにおけれんげそう
藪医者の手柄話やぶいしゃのてがらばなし
病上手の死に下手やまいじょうずのしにべた
山家に木なしやまがにきなし
山をかけるやまをかける
闇討ちを食うやみうちをくう
止むを得ないやむをえない
遣らずぶったくりやらずぶったくり
矢を向けるやをむける
雄弁は銀、沈黙は金ゆうべんはぎんちんもくはきん
揺さぶりをかけるゆさぶりをかける
油断大敵ゆだんたいてき
湯の辞儀は水になるゆのじぎはみずになる
指を染めるゆびをそめる
要求をのむようきゅうをのむ

人気故事・ことわざ辞典


Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/1/lolipop.jp-38751aa8648379bc/web/mslifer/kotowaza/rank.php on line 22


エムズライファー